皮膚外科

「皮膚外科」では、ほくろ、加齢性のいぼ、皮膚の腫瘍やまきづめなどの手術を、
メスあるいは炭酸ガスレーザーなどを用いて行います。
切除した検体は病理検査をし、結果を説明します。

ほくろ治療

当院では患者さんと相談をしながら、メス、あるいは炭酸ガスレーザーによる手術を行います。
しかし、ほくろのように見えて、悪性腫瘍が疑われることもあり、注意が必要です。
ほくろが急に大きくなった場合や、周囲に染み出しがある場合など、悪性黒色腫が疑われる場合は生検はせずに対応可能な病院を紹介します。
基底細胞癌が疑われる場合には小さければ切除、大きければ植皮や皮弁といった手術が必要になるので、先ほどと同様に紹介します。

加齢性のいぼ(老人性いぼ)

加齢性のいぼ(老人性いぼ)

加齢(中年以降)によって、顔面・頭部・体幹などに見られる茶色~黒褐色の良性腫瘍です。 20代頃から現れ、加齢とともに増加する傾向にあります。シミの一部から隆起してくる場合も多く見られます。
一般的な治療法は、液体窒素による除去治療です。ご希望により炭酸ガスレーザーで除去します。また、所見によってはメスで切除をおすすめすることもあります。

炭酸ガスレーザー(ほくろ・いぼ・良性腫瘍の治療)
診察で明らかに良性と診断できるものや手術では傷跡が目立つと思われるもの、あるいは出血が生じやすい腫瘍は、炭酸ガスレーザーによる治療を行っています。
炭酸ガスレーザーは、腫瘍を燃やすようなイメージです。煙が出るため、やや焦げたにおいがします。
切除術のように抜糸の必要はありません。抗生物質が含まれている軟膏を塗り、ガーゼなどでしっかり保護をします。通常1週間~10日間で上皮化します。

まきづめ治療

まきづめ(巻き爪)・陥入爪(かんにゅうそう)は、その程度により薬物治療・手術治療・矯正治療と様々な治療法があります。
当院では病状と、患者さんのライフスタイルを考え適した治療法を選択しています。

まきづめ
爪が横方向に巻いている状態のことです。
陥入爪
爪の角がトゲのように軟部組織(肉)に刺さっている状態で、炎症を起こしやすく、過剰肉芽といって、肉芽が盛り上がってしまうことがあります。
治療法
フェノール法
局所麻酔が必要な手術です。肉に食い込んでいる爪を部分的に除去し、爪の根元をフェノールという薬品で腐食させ、その部分の爪を生えなくする治療です。治療後3〜4週間で傷は落ち着き、巻き爪の痛みがなくなります。ただし爪が細くなることや、爪が安定しづらいので、爪の向きが曲がってしまうことや繰り返してしまうことがあり、できる限り他の治療方法を当院ではおすすめします。
その他
テープを用いた簡便な方法や、手術で局所麻酔が必要ですが爪を切らないで伸ばして治すガター法、自費になりますが、ワイヤー法などの治療も行っておりますので、診察時にご相談ください。

メニュー

  • 院長紹介
  • 診察のご案内
  • 一般皮膚科
  • 皮膚外科
  • 美容皮膚科
  • クリニック紹介
院長
濱田皮膚科クリニック 自費治療・美容専用サイト